原稿を入稿するには

作品を読んでもらうために

ウーマン

自分個人で楽しんだり、周りの限られた人だけで作品を楽しむのもいいですが、たくさんの人に触れてもらいたいなら同人誌として出版してみてはどうでしょうか。
将来プロで活躍したいと考えている人なら、いい腕試しにもなりますし、同人誌が人気になったことがきっかけで、商業の仕事が舞い込んでくることもあります。
中小の印刷会社にとって、同人誌の印刷という仕事は主力分野です。
同人誌の印刷に特化した企業もあります。
ですから、同人誌の印刷を依頼する時も、実績が豊富で手慣れていますし、丁寧に対応してもらえるはずです。
自分達で原稿を完成した後、早速業者に入稿することになります。
入稿の方法は、web入稿と宅配便などによる入稿、そして自分で直接原稿を印刷会社に持っていくという方法の三種類あります。
その会社に行くことが可能なエリアに住んでいる同人作家の方は、実際に印刷会社の担当者とやりとりできる直接入稿もいいかもしれません。
web入稿は、デジタルで原稿を作成している時に利用できる方法です。
今は同人誌もデジタルで作業する時代になりました。
自宅にインターネット環境があれば、誰でもこの方法が使えます。
その業者の公式サイトに会員登録をして、現行のデータを圧縮してアップロードするという仕組みです。
宅配に比べて作業までに多くの日数を費やすことができるという利点があります。
アナログ原稿の場合は宅配などで郵送することになるので、到着日を考慮して原稿を作成しましょう。

加工で周囲と差をつける

CMYK

同人誌を作りには、印刷に関する知識も必要です。
基本的に、同人誌を印刷会社に任せる時は、オンデマンド印刷とオフセット印刷の二つの方法から選択します。
オンデマンドは10部からといった小部数の印刷が可能で、手頃な費用の範囲内で利用できる事から人気です。
オフセットは100部などの大部数から利用できる印刷方法で、大手サークルや同人誌専門店などに委託したい方に向いています。
品質はオフセットが優れていますが、オンデマンドでも綺麗な印刷は可能となっています。
なので、部数に応じて選択すると良いでしょう。
しかし、イベントに初めて参加する場合、一つのイベントで大部数を頒布しきるのは難しいと言えます。
なので、はじめて同人誌を作成する場合は10部や20部あたりを目安に作るのが大事です。
また、印刷にはオプション加工を付ける事もできます。
表紙のPP加工が人気で、光沢を出したりツヤを抑えるフィルムを圧着させる事で見栄えのする表紙を作り出します。
予算があるなら、ホログラム加工や箔押しも検討可能です。
他にも様々なオプションを提供している会社もあります。
同人誌に強い会社は、同人誌に特化したセットプランがあるので、初心者でも簡単な予算の見積もりが可能です。
けれど、どうしても費用を抑えたいという時は、表紙のみの印刷ができる会社もあります。
表紙だけ依頼して本文はコピーにし、自分自身で製本する方法で作る事も可能です。
全てコピーで済ませる方法もありますが、見栄えが違えば手に取って貰える機会も増えます。
同人誌作成は何より楽しむ事が重要です。
印刷所選びやオプション加工などで素敵な一冊を作りましょう。

インクの種類

印刷

いまや同人誌イベント、即売会などの場所で同人誌を販売する人が増えています。
その同人誌の本文は黒インク1色で刷り上げられることが多くなっています。
しかし表紙は1色刷りとは限らず、フルカラーでの印刷も珍しくありません。
フルカラー印刷には基本的に4色のインクが用いられています。
シアン(青)、ブラック(黒)、イエロー(黄)、マゼンタ(赤)の4色です。
これらのインクを混ぜ合わせて細かな色を表現するのです。
この組み合わせで印刷すると全体として落ち着いたトーンに仕上がりますが、特に人物の肌色を際立たせたいときには蛍光ピンクのインクが使われることが多くなっています。
マゼンタの代わりに蛍光ピンクを使用することを「蛍ピ差し替え」と言うことがあり、よく利用されている印刷オプションです。
さらに精緻な表現を希望するのであれば、マゼンタと蛍光ピンクの両方を使用する5色刷りも可能です。
使用するインクの種類が増えれば料金は上がってしまいますが、仕上がりを重視するのであれば検討したい印刷方法です。
こういった形で同人誌を用意することがほとんどですが、その上で必ず確認しておきたいのが入稿期限です。
同人誌はイベントの開催に合わせて発行されるという特徴があります。
大型イベントの開催前には印刷所に依頼が殺到するため、発注側は最低限の入稿期日を守るのがマナーなのです。
いまはイベント会場に直接持ってきてくれたり、依頼から納品までスピードが早かったりする業者が多いので、イベントまで時間がないのであれば、そういった業者に依頼しましょう。

原稿を入稿するには

ウーマン

自分達の描いた原稿を同人誌として出版する場合、印刷会社に原稿を入稿しなくてはいけません。デジタルで作業したならweb入稿が可能です。他にも宅配便などによる入稿や、印刷会社に直接原稿を持っていく直接入稿という方法もあります。

もっと読む

同人が完成するまで

カラーチャート

同人誌の印刷を行う時は専門の印刷所利用すれば綺麗な仕上がりで質の高い同人誌を作ることができます。業者によっては印刷が完了するまでの期間や料金など異なりますので、詳細については比較しながら業者選びを行った方が良いかもしれません。

もっと読む

本作りに掛かる費用

冊子

同人誌の印刷費用や相場は、本の装丁にも関わることなので、一概には言えません。B5サイズの20ページ100部の印刷費用で見てみると、だいたい15000円程度です。表紙をフルカラーにしたり、部数やページ数が増えれば料金は変わります。オンデマンド印刷ならば非常に低価格で、カラーの同人誌制作が楽しめます。

もっと読む